都心へのアクセスが抜群の東鷺宮のレーベンで新生活を

レーベン東鷲宮IIIプロジェクト|新築マンション都心にマンションを購入したくても、購入価格に度肝を抜かれてしまう方は多いでしょう。
狭くて高いマンションを購入するなら、都心からは少し離れて広くて安いマンションを購入しませんか?
東鷲宮のレーベンなら、理想の生活が手に入れられるかもしれません。

「レーベン東鷲宮IIIプロジェクト|新築マンション」の最大の魅力は、日本最大級の太陽光発電システムを搭載している点にあります。
屋上に設置された太陽光発電システムのおかげで、光熱費は約56%に抑えられるのです。
マンション全体の電気の供給を行うシステムですが、戸別売電を可能にしているので余剰電力の買取を受けられます。
初めからこのシステムが整っているのは、非常に便利だと思いませんか?

都心までの時間は1時間未満という便利なアクセスなので、都内で働いている方が購入するのにも適しています。
周りは自然も多く、ショッピング施設やスーパーなどが点在しているので、生活が不自由になることは何一つありません。
地元民に愛されるおしゃれなカフェや飲食店を探し、地元で優雅なひと時を楽しむのもいいかもしれません。
都内でマンションを購入するよりもはるかに安いので、これからマンションの購入をお考えの方はぜひ候補に入れてみてください。

大田区鵜の木、久が原の新築マンションの情報をいち早く!

大田区は東京都の特別区の1つであり、23区西部に分類される有名区です。東部には羽田空港があり(なんと、大田区全体の面積の3分の1も占めています)、よく飛行機を利用する方にとっては、大田区は便利な立地となっています。そして、大田区は東京ということもあり、住居のニーズが高い街で、住宅地として栄えています。鵜の木は大田区内の地名ですが、その由来は、その昔、鵜が非常に多くいて、豊かな森が広がっていたことから……とされています。

そこで、本日は「大田区鵜の木、久が原の新築マンション|ヒルサイド プロジェクト」をご紹介します。こちらは、久が原駅より豊かな街並みが続く閑静を湛えた鵜の木の丘に所在する、大田区鵜の木、久が原の新築マンションの不動産物件サイトです。9月中旬モデルルームオープン予定の、非常に新しいマンションとなっています。
http://www.hillside88.com

大田区鵜の木、久が原の分譲新築マンションの情報をいち早く知りたい方は、大田区鵜の木、久が原の新築マンション|ヒルサイド プロジェクトをご覧ください!

ヒルサイド プロジェクトは、東急多摩川線「鵜の木」駅徒歩4分、東急池上線「久が原」駅徒歩8分の好アクセスで、交通の便がいいマンションです。大田区鵜の木・久が原で分譲マンションをお探しなら、丸紅×東急不動産のヒルサイド プロジェクトがおすすめです。

あなたも口コミで広めたくなる、不動産屋さん

私は、この本八幡の不動産屋さんのサイトを発見して、思いました。
思いました、というか、思い出しました。

「ああ、私は、家というものを、安い賃貸を借りたい、とかいつかは一軒家を、とかではなく、
人をちゃんと経由したという実感を持って、暖かい気持ちになりたかったんだなあ!」、と。

ここならそう、思わせてくれるんじゃないか?
そんなサイトです。

普通なら、不動産屋さんとの関係って、借りて終わり、買って終わり。
あるのは年末年始のカレンダーくらいですよね。
仕方ないけどどうしても、空々しい関係だなって
思っていたんですが・・多分ここは大丈夫。

だって、
「賃貸の頃からこちらでお世話になっていたから、家も」とか、
「兄がこちらで建てたからと妹さんも建てられた」、とか、
「親子二代でお願いされている」とか(初めて聞きました!)・・!
とにかく口コミでの依頼が多いそうです。

信用できます。

JR総武線「本八幡駅」南口より歩いて5分、豊友ハウジング本八幡の不動産です。
スタッフさんは市川出身者や、市川で長く育った方々ばかり。
HPには市川が好きなんだな、と思わせてくれるコメントが載っています。

多分、他の不動産屋さんで物件を選ばれたお友達は、
豊友ハウジングで物件を決められるあなたが、羨ましい(笑)。

・・ご一緒に訪問してあげてください(笑)

家が建っていると固定資産税が6分の1

現在、都心部郊外では「空き家」が社会問題になっています。
空き家の社会問題化は、高齢化社会を本格的に迎え、ますます大きな問題になっていくようです。

高度成長期からバブル経済期に、働き盛りだった人たちが新築住宅を購入しましたが、その働き盛りだった人たちも、現在では、後期高齢者と言われる年齢になり自宅を手放す人も多くなっています。

さらに人口減少により、住宅購入者が減っていることも空き家問題に拍車をかけているようです。

「空き家」が問題になるのは、古くなった家を解体し更地にしないで放っておくことにあります。
もっとも、解体費用がかかり、土地だけにしておくと固定資産税も高くなることから、ほったらかしにしておくしかない、という事情もあるようです。

現行では「住宅が建っていれば土地の固定資産税が6分の1に軽減される」という制度があります。
逆に言うと、家を解体して土地だけにしておくと、固定資産税が6倍になるということになるわけです。

これでは誰も空き家を解体する人はいないでしょう。
解体費用はかかるし、税金は高くなるし、草刈りなど土地の維持費を含めると、どう考えても「空き家」のままにしておく方がいいに決まっている・・・そんな感じがしても仕方ないように思えます。